« 宮城厚生福祉会 学術運動交流集会を開催して | トップページ | 岩切たんぽぽ保育園開園式を開催 »

2017年3月30日 (木)

20周年記念式典

社会福祉法人宮城厚生福祉会は、1997年3月26日に設立されております。
先日、関連法人、関連団体、取引業者、退職された職員、宮城厚生福祉会に縁のある皆様方にご出席いただき、メルパルク仙台にて、法人設立20周年式典を開催させていただきました。

Photo

Photo_4

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

オープニングは、乳銀杏保育園の今年から1年生になる年長さんによる、元気いっぱいの歌が披露され、ご出席の皆様方をほっこりとさせてくれました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Photo_2 第一部開会の挨拶では、海和事務局長より、法人20年の歴史に触れ、介護保険に対応すべく社会福祉法人化されたものでしたが、今や大きくウィングを広げ、宮城県内に保育所が6ヶ所、老人介護施設5ヶ所、障がい施設2ヶ所、児童館1ヶ所を運営し職員も約450人となっていること。多くの施設が宮城民医連の関係職員らによる地域訪問行動が実施され、地域や個人の皆様方からの多くの寄付金によって建設されていることが報告され、あらためて地域に根差し、地域の皆様によって支えられている法人であることが報告されました。また施設建設や施設運営にあたっては、金融関係の皆様、設計事業者の皆様、建設業者の皆様をはじめ、宮城厚生福祉会に関わりのある業者の皆様の力をお借りしてきたことへの謝辞と、今後もパートナーである取引企業様との絆をより深いものとし、今後もより精進していくことが述べられました。

第一部の来賓には、参議院議員、桜井充様,宮城県民主医療機関連合会事務局長 坂田匠様、仙台市老人福祉施設協議会会長 庄子清典様 日本共産党仙台市会議員 ふなやま由美様にご出席賜り、これまでの実績のへの高い評価と、それにもましてのこれからの活躍を期待した温かい挨拶を頂戴いたしました。誠にありがとうございました。

Photo_3 また、福岡理事長により「宮城厚生福祉会の前史・貧困と格差の話題提供」と題して記念講演が行われました。1901年に宮城県初の私立幼稚園を仙台市一番町に設立されたことをルーツに、1914年に塩釜市に私立塩釜病院が開院し、1950年に財団法人を設立、その中に「厚生事業を営む」ことが明記され、1956年に乳銀杏保育園の運営を始め、その乳銀杏保育園を財団法人から社会福祉法人に移管することで1997年に社会福祉法人としての運営を開始したことが話されました。全日本民主医療機関連合会に加盟し、民医連綱領や日本国憲法に基づき「国民主権」と「平和主義」、「命の平等」にこだわり運営されていることを強調されました。

大企業と一部の者だけが大儲けし、従業員の給与水準は2005年の95.8%へと下がっている実態が話されました。そのような中で高齢者の貧困が顕著で、約27%が貧困な状態、さらに福祉、医療、年金など公的サービスの後退で拍車をかけている実態がはなされました。最後に、医療、福祉、介護、保育は真の成長産業であり、憲法9条と25条を有機的関係で「平和と人権が経済を成長させる」とお話しし、情勢は厳しいものですが、更なる奮闘を表明致しました。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

第二部では、前宮城県民主医療機関連合会事務局長、現在は日本共産党宮城県議会議員 天下みゆき 様より、ご挨拶をいただき、公益財団法人宮城厚生協会の佐藤孝一副専務に乾杯の音頭をとっていただき、皆様と親しく懇談し、叱咤激励のお言葉をたくさん頂戴致しました。

多くの皆様に支えられているという事を改めて認識し、さらなる飛躍を皆様にお誓いした20周年記念式典でした。皆様、今後もどうぞよろしくお願い申し上げます。

« 宮城厚生福祉会 学術運動交流集会を開催して | トップページ | 岩切たんぽぽ保育園開園式を開催 »

活動報告」カテゴリの記事