« 原水爆禁止世界大会報告会・平和パーティ | トップページ | 20周年記念式典 »

2016年9月27日 (火)

宮城厚生福祉会 学術運動交流集会を開催して

 宮城厚生福祉会は9月25日、「守ろう9条・活かそう25条~9条・25条の日、憲法・平和・福祉を考えよう~」をテーマとして、学術運動交流集会(以下、法人学運交)を開催し、131人が参加しました。

1

2

 法人学運交は、設立10周年記念事業として、当時の理事長 故彦坂直道先生の講演などの内容で第1回を2007年に行って以来、法人事業内容は保育・介護・障害など違っても理念は一つであると確認する場として開催してきました。今年度は法人設立20周年で第6回目となります。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 午前の部は県連教育研修企画として 弁護士 八法亭みややっこ先生を招いて「歴史に学び、未来を志向する日本国憲法」のお話をいただきました。 毎週全国各地で口演をされる傍ら、弁護士としての業務をこなし、東京24区での衆議院予定候補としての活動もされており、大変パワフルな方です。

3

 午後は職員の研究発表で、事前に寄せられた演題から6演題を選定し、地域の現状と法人の取り組みを共有する機会としました。

4

 職員の感想からは「本質的には子ども・高齢者・障がい者それぞれの個人を尊重して、相手の気持ちを理解して支援をしていること。」「私たちの法人理念に基づき、それぞれの事業所職員が奮闘していることを感じた」などが共通の感想として出され、理念と実践を確認し合いました。

 講評には坂田県連事務局長からご挨拶を頂きました。一つ一つの演題に講評をいただき、情勢の話を深めていただきました。様々な困難がある時代、私たちの実践と運動で情勢を切り開いて行くことを呼びかけられました。

 この学習会を力と景気に、日々の実践と運動を積み重ねながら、この困難な時代を職員とともに乗り越えていきたいと思います。

« 原水爆禁止世界大会報告会・平和パーティ | トップページ | 20周年記念式典 »

活動報告」カテゴリの記事